【3分でわかる】伝えたいことはKFEPで!【現役コンサルの仕事術】

今日、紹介するのはKFEPという「何かを伝えるとき」の考え方です。

本記事ではメッセージを効率よく伝えるためのKFEPを簡単に学んでいきましょう。

KFEPとは?

KEEPとは、K: Key Sentence、F:Follow、E:Example、P:Pointの頭文字をとったもの。

K: Key Sentence(キーセンテンス)

まずは一番伝えたことを伝えます。この記事であれば「KFEPはメッセージをわかりやすくまとめて伝える方法」です。

F:Follow(フォロー)

キーセンテンスを補足(フォロー)するような追加の説明等をします。この記事であれば「KFEPはプレゼンでクライアントに説明するときに使ったり、twitterでツイートをつくる際にも使える方法です」といった感じです

E:Example(イグザンプル)

イグザンプルは、例を語ります。この記事で言えば「この記事の構造がKFEPを意識して作っています」といった感じ。

P:Point(ポイント)

最後にポイントをまとめます。この記事で言えば「KFEPが今後、皆さまがプレゼンやツイートする際の武器になるでしょう」と言ってまとめる感じです。

まとめ

KFEP!!

K:Key Sentence(主メッセージ)
F:Follow(補足)
E:Example(例)
P:Point(まとめ)

推薦図書
プレゼン力は鍛えておいて損はないし、差がつく一歩です。