【3分でわかる】リーダーのマインド【現役コンサルの仕事術】

ビジネスの現場では、ある日、突然にリーダーに任命されることもあります。もしくは、いずれリーダーとなってチームや組織を引っ張るんだという想いのある人もいるでしょう。

そこで、本記事ではリーダーとしておさえておきたいマインドを学んでいきましょう。
この意識を持つことによって、景色が変わるはず。

リーダーのマインド

(1)リーダー≠ 管理者と心得る

リーダーは管理する人ではなく、メンバーや組織を導く人であることを忘れないようにしましょう。

(2)時間の使い方を意識する

リーダーといっても時には自身がメンバーとなって手を動かすことがもあると思います。
そのういう際にはタイムマネジメントスキルが非常に重要になってきます。
メンバーとしての時間とリーダーとしての時間、その意識をしっかりと持ち
切替を意識しましょう。

(3)先に起きることを見る

リーダーは現状を把握するというより、先々で起きるであろうことを予想して
未来に対してメンバーを導くことが求められる。
当然、リスクがあるとわかったら、そのリスクが現実になる前に手を打っていくのがリーダーだと思います。

(4)異常系・問題がある事象のほうに頭をまわす

プロジェクトなり仕事なり、チームなりがうまく進んでいる点に関してはそれほど力を注ぐ必要はありません。むしろ大切なのは異常系や問題がある事象の場合、そちらにリーダーとして先回りして頭を使うことが求められます。

まとめ

リーダーのマインド まとめ

(1)リーダー≠ 管理者と心得る
(2)時間の使い方を意識する
(3)先に起きることを見る
(4)異常系・問題がある事象のほうに頭をまわす

推薦図書
できるリーダーになるための本。