提案系資料作成の手順と誰にどう任せるかパターン

チームでコンサルをするときの役割分担について自分の考えをまとめてみました。
僕は新しいメンバーがはいったときは、その人と仕事がしたことがなかった場合は
レベル1から実施してもらって大丈夫そうであれば頼むレベルをあげていくようにしています。

そんなレベル分けについてまとめてみました。
記事の便宜上はレベル6からスタートして、どんどんスキルや経験が
多くなくてもできるレベルの作業を記載していきます。


提案系資料作成の手順

Lv6.目的・目標設定


目的・目標を設定をきちんと設定することがスタート(この際、ある程度の基礎調査や検討は実施する)

Lv5.目次の作成


目的・目標からブレイクダウンして目次(各スライドのタイトルレベル)を考える。※目次自体は最後に見やすいように修正はする

Lv4.リード文の作成


各スライドで言いたいこと(メッセージ)を考えてリード文を書いていく(この時点では未調査箇所や仮説があってもOK)

Lv3.スライド内容案作成


リード文にあわせてスライド内容や構成案を考える。この際、どんな調査や検討が必要かも明確にしておく

Lv2.スライドの肉付け


メッセージとスライドの内容案にあわせて調査や検討も実施しながらスライドを作成する

Lv1.最終チェック


誤字脱字チェック、フォントチェック、全体感の確認を行い最終化


最後にまとめの図を示します。
また自分の会社の場合、マネージャー、コンサル、新卒に対してどのレベルをできることを期待しているのかも参考程度に記載してみました。
この記事が誰かの参考になれば幸いです。

まとめ

参考文献