超簡単な準備編 [Excelではじめるプログラミング(VBA)]


『プログラムを覚えたい』
『プログラムを経験してみたい』
『プログラムを作りたい』

そんな想いを持っている方はけっこう多いのではないでしょうか。でも、、、

『何からはじめていいかわからない』
『環境を準備するのが億劫』
『会社の規定で何か新しいものをインストールはできない』

などの「困った」や「億劫」を持っている方も多いと思います。

そんな方にお勧めなのが『Excelでプログラミング』つまりはVBA、いわゆるマクロです。
Excelはたいていのパソコンにはセットアップされているし
使っている人も圧倒的に多いですしね。


当ブログではそんな『Excelでプログラミング(VBA)』について
少しずつ解説していきたいと思います。
プログラミングを覚え、体験しながら、
自分が日常で実施しているExcel作業を自動化したり目指しましょう。

では、まずは簡単準備編です
(人によっては準備はすでに終わっている人もいるかもしれません)

たった1つの準備:Excelの「開発タブ」をだす

ExcelでVBA(マクロ)の開発をするためにはこの「開発タブ」を出す必要があります

出ている人はOK。出てない人は以下の手順でだしましょう。

(1)メニュー => ファイル

(2)オプション

(3)リボンのユーザー => 「開発」にチェック

OKをクリックして画面を戻すと「開発タブ」がでているはずです。

(補足)開発タブの簡単な説明


各機能の概要をざっくりと説明します。
詳細はまた使うときに解説していきます。

①Visual Basic
プログラミンするための画面が立ち上がるボタン

②マクロ
マクロを実行するときのここをクリックしてから
実行したいマクロを選びます

③マクロの記録
Excel上の操作を覚えさせるときに使います

④挿入(フォームコントロール)
ボタンなどを設置したいときに使います


それでは準備完了です。はじめての「Excelでプログラミング(VBA)」に進みましょう