ラクシゴ・評価されるメール術

Slackとか増えてきているとはいえ!まだまだ主流なメール。
一日の大半をメール処理で過ごすなんていうビジネスパーソンもけっこういたりするんじゃないかなって思います。

楽に仕事をするためにはこのメールの処理をいかにうまくやるかが大切。

そこで本記事といくつかの記事で
ラクシゴ(楽に仕事をするための)メール術をいくつか紹介していきます。

(1)集中作業時以外はメールは常に受け取る
ほんとに締め切りギリギリの仕事をしているか、集中しないといけない仕事をしているとき以外はメールがきた時点で処理開始します。

(2)後回しもTODOフォルダとかフラグとかを使っていったん処理する
来たメールを処理しようとしてもどうしてもすぐに処理できないものは存在します。そういうメーはあとで見返せるようにフォルダ移動させるかフラグをつけたりしましょう。

(3)来たメールは基本はすぐに処理する
基本はメールは読んだら、すぐに処理しましょう。
処理は、種類によって少し変わります。
◆情報共有系メール
読んだら、分類別にしてるフォルダに移動させてしまいましょう
◆会議依頼や通知
その場で日時確認と参加可否を決めて、必要に応じて返信しましょう。
日程は仮なら仮でいいので処理してしまうのが大切です。
もし後日見返す必要がありそうならフラグをつけたり、TODOフォルダなどに突っ込みましょう。
◆返信必要系
すぐに返信しましょう。
返信できない場合も、いつに回答できるかについて返信して、フラグをつけるかTODOフォルダにおいておきましょう

僕の場合はレビュー依頼とかでも10分ぐらいで終わりそうならどんどん処理してしまいます。
とにかく、迷わないでどんどんやると結果的に楽になります。

(4)あと回しにしたメールもできる限りその日のうちに処理する

できる限りその日のうちに処理できるように帰る前とかにもTODOフォルダやフラグを見返します。