【考察】喧嘩稼業のある一コマについて

このコマがなんの意味があるんだろうと気になっていました。(8巻の十兵衛 対 佐川弟の対決中の一コマ)

物語が進み、読んでいくうちに意味のあるコマな気がしてきました。

まずこのコマにうつってる人物はカブトのセコンドの薩摩ですが、もう1人重要な人物がいます。

十兵衛とつながってるホテルスタッフです!


なので、最初は十兵衛の仕込みなのかなと考えていました。でも、なんでカブトのセコンドに?と思っていたのですが、その謎も以下のシーンで解けます。

このホテルマンは里見とも繋がっていました。

そして里見はカブトの対戦相手。

つまりこのコマは里見が対カブト戦にそなえてホテルマンを利用してセコンドになにかを仕込んでいるコマなのかなって思いました。

ゾゾっとしたのであえての共有でした

この考察があっているかはやくわかる日がくるといいなぁ(遠い目)