(感想)夜明けの街で

不倫×ミステリーみたいな作品でしょうか。
深田恭子さん演じる不倫相手は15年前の未解決殺人事件の時効が切れるのを待っていた。
15年前に何があったのか、そして二人の不倫の行方は……はみたいな感じですかね。

『不倫』ものってある意味で明確な答えがないので、答えがないゆえに、この作品はどうなるんだろうみたいな気持ちで観続けしまったりですよね。全員がハッピーになるという構図が難しい中でどう落とすのか、この作品は。みたいな。

で、「夜明けの街で」は結末にはそんなに力を注いでないような気がしました。むしろ、男が溺れていく様をリアルに、そして滑稽に描いてくれた作品でした。

あぁ、でも、人を好きになるってことはそういうことだよなって思ったり。
そんな作品でした。

タイトルはなんでこれにしたんだろうって思ったり。