(感想)薔薇色のブー子

楽しく作品を作っているだなって感じが伝わってきた。
でも、その楽しさを作るために、必死に、細部まで必死に作りこんである作品(あえて、雑に見せてるんだろうなってところも多々あると思いますが、そういう意味での細部までの作りこみ)

僕は脚本家を目指しているけど、そういう意味でたくさん刺激をもらった作品だった。
観終わったあと、僕はすぐにノートを広げて、アイデアや構想を描き始めた。なにかを作りたくなる作品でした。

ブーブーは言わない。つくろう。