(感想)麦子さんと

導入部分で「母親が亡くなる」ことは観ている人に教えてしまうパターン。

でも知ってるからこそ、信じられないぐらいの透明感と可愛さを溢れだす堀北真希さん演じる麦子の母親に対する態度に「あぁ」って思ったりする。

後悔することは、僕は好きじゃないし、あんまり意味ないと思っている。過去は変わらないから反省して前に進めばいいと思う。
それでもどうしても反省してもしょうがないことや、どうしても戻ってやりなおしたいことはある。僕にもある。
今だに後悔している。

だけども、それでも、受け入れて前に進むしかないわけだって改めて思えた作品でした。
もちろん、一人で前に進む必要はない。誰と一緒に進むのか?もちろん、『麦子さんと』。