(感想)「コンセント」


中原俊監督
(吉田秋生原作の『櫻の園』、三谷幸喜脚本の『12人の優しい日本人』など)

* 戯言 *
この映画を観たときの僕の精神状態はもう本当にやばいもので、すべてを捨てたくなってるのに
捨てる気力がでないためにギリギリで持ちこたえているような状態。
元気にするための元気を与えると、その元気を使って、色々(そう本当に色々)を捨ててしまうような状態。

頭の中は多くの情報や感情でパンクしているような状態だった。この映画にでてくる何人かの登場人物は、
そのような状態になり、自分から【コンセント】を抜くといった行動にでる。一般的に精神が狂ったといわれるような
人達を別視点で切り取っていたようなs買う品だった。僕はギリギリで自分の【コンセント】は抜かずに済んでいるけど、
それは本当にギリギリのことのような気がする。

そうそう、あと、この映画のジャンル。見る人によってはホラーだな。
僕からすると、主人公のユキが兄の陰を通して自分自身と恋愛する、ラブロマンスもの。
さてさて、最後はどうなるでしょう、この恋愛模様は。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88-DVD-%E5%B8%82%E5%B7%9D%E5%AE%9F%E5%92%8C%E5%AD%90/dp/B0002L4CNS