(感想)世界は今日から君のもの


「いいの一歩ずつで」

ネタバレありの感想的戯言です。

面白かった。
僕自身がなんていうか救われた作品でした。

導入というか最初のほうはよくある展開といえば展開で、
そのまま進んでも面白かったんだけど、
主人公の門脇麦さん演じる真実は王道のその展開から逃げ出しちゃう。
このへんからもうどうなるか読めなくて、ドキドキしながら観てた。

シナリオセンターで脚本の勉強をしているとドラマは「変化」だって教えてもらう。
それは確かにその通りなんだけど、この映画の主人公は「変わってない」って言ってしまったりする。

でも、変わってないことを認めてしまうシーン、僕はめっちゃ感動した。
変わらないことがドラマになるっていうね、変わらなくていいっていうのはとても救われました。

最後は、いちおう、ちょっとだけ変わるは変わる。
でも、門脇麦さん演じる真美は「いいの一歩ずつで」って言う。
へへんって思った。心地良い映画でした。僕も一歩ずつ、ね。