30代からの転職を成功させる3つのポイント

30代からの転職ってどう思う?

難しいって聞くよね。若さもないしね。

だよね。でも、ポイントを理解すれば成功した転職もできるよ!むしろ年収を大きく上げることもできるぐらい。

年収も?ま?だったら、そのポイントはやく教えてよ

はい、はいー!それではブログをどうぞー!

本日のブログのテーマは「30代からの転職を成功させるための3つのポイント」。まずは結論(まとめ)から。

30代からの転職を成功させる3つのポイント
1.自分の武器を知る
2.自分の売り場を知る
3.自分の売り方を知る

それぞれのポイントを1つずつ説明していきます。

1.自分の武器を知る

20代の転職と違って、若さやポテンシャルといったものは武器としては使えないです。でも、逆に、20代での経験があなたの武器となっています。少なくても3年以上の経験があるはず。それは武器としてきちんと形にしてあげるのがポイントの1つです。

激務のSEをしていたなら、「システムエンジニアスキル」「ハードワークができる」があなたの武器にもなる。
経理業務をしていたなら、「3年の経理実務経験」はそのまま武器になるはず。
まずは自分の武器をシンプルにまとめてあげることが大事です。

一言でまとめスキルは以下の書籍が超おすすめ(人生を変えるレベル)
ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則

2.自分の売り場を知る

「武器」を知ったあと、次に考えるのは「売り場」です。自分の武器が武器として評価してもらえるジャンルを探すことが大事です。あなたの武器を持っている人が多い会社や業界は転職の障壁は高いかもしれません。転職できたとしても大幅な給与アップは望めないかもしれない。

つまりは、自分の武器の価値が高くなるような業界や会社を探すことがポイントなります。SE(システムエンジニア)だったなら、最近のDXの流行でシステムがわかる人間を欲しているコンサル業界などは売り場としては適切な場所の1つと言えるでしょう。「システム開発の経験」を武器に転職活動をするといいと思います。

リサーチという観点だと以下の書籍を読むと調べる力は伸びる。
外資系コンサルのリサーチ技法―事象を観察し本質を見抜くスキル

3.自分の売り方を知る

「武器」と「売り場」が決めることができたら、あとは売り方を考えましょう。
売り方を知るためにはどうすればいいか、それは「相手を知る」ことです。そこがポイントです。
自分が転職をしようと考えている業界や企業をきちんと調べます。そうすると、どのポイントに自分の武器がはまり、どのポイントでは自分の今のスキルが足りないかわかるはずです。

武器がはまる箇所は「武器の適用のしかた」を考え、スキルが足りない箇所について「どうやってリカバリーするのか」をきちんと説明できるようにすること、必要あれば、足りないスキルは基礎部分でも書籍などで埋め始める努力をするのが大切でしょう。

売り方にも正しい戦略を理解すると良い。少し分厚いけど以下の方がおすすめ
良い戦略、悪い戦略 (日本経済新聞出版)

まとめ

30代からの転職を成功させる3つのポイント
1.自分の武器を知る:スキルを一言にまとめる
2.自分の売り場を知る:自分の武器が付加価値になる市場を探す
3.自分の売り方を知る:相手を徹底的に調べる

いつだって遅くない。転職で人生を変えよう。

編集後記

実際、僕自身は30代のときに初めての転職をしている。当時はブラック企業(?)でSE(システムエンジニア)をしていた。自分の武器と売れる市場も考慮して、SEからITコンサルに転職した。そこからコンサル人生がはじまったともいえるし、この選択はとても大きな選択だった。きっと転職していなかったら今の年収は2倍以上違ったように思う。転職して良かった。悩んでる方はぜひこのブログも参考にして一歩進んで