エンジニア/SIerはコンサルへジョブチェンジしよう

僕はエンジニアからコンサルにジョブチェンジしました。
今では、新卒からコンサルのヒトよりもコンサルとして実力がきちんとあると思う
(少なくても業務ITの分野では)
年収も800万だったのが3年で約1700万円を超えた(約2倍!)

エンジニアで技術的な頂点を目指さないのであれば以下の3つの理由で
コンサルにジョブチェンジすることが良いと思っています。
①年収(市場価値)が違うという現実
②「普通」が武器になる
③あなたは「真似できる」が、まわりは「真似できない」
④ITスキルとコンサルスキルの類似性という現実
それぞれ詳細に説明していきます。


①年収(市場価値)が違うという現実

まずは年収つまりは市場価値という現実です。
以下に平均年収ランキングを載せます。

職種別平均年収
どうでしょう。コンサルティングファームがある専門職の平均は601万、技術系(IT/通信)は452万。平均だけでも150万も違います。これが市場価値の差なのです。
「コンサルは案を出すだけで何も作れないじゃないか」と言うかもしれません。
でもこれが現実。実際、僕のまわりのコンサルでもあきらかにエンジニアやSEの友人より能力は劣っているのにコンサルというだけで年収が1000万を超えているヒトもいます。
世の中の需要は、エンジニアよりコンサルのほうが上ということです。
(エンジニアが相対的に数が多い=ライバルが多いので年収平均が下がっている事実もあります。ライバルが多いところ=レッドオーシャンでずっと働きますか?)

②「普通」が武器になる


あなたが超トップエンジニアなどでなければ、あなたがのエンジニアスキル、プログラミングスキルなどはまわりのエンジニアと比べても「普通」だと思います。

でも、コンサルになった場合、まわりのコンサルと比べたら実際にエンジニアリングをしてきたあなたのITスキルはまわりと比べて優秀であり、「武器」になるのです。

コンサルの案件にITスキルって必要なのか?それってただのITコンサルじゃないのか?みたいに思うヒトもいるかもしれません。時代は変わりました。

今の時代、どんな超上流のビジネスの話しだろうとITは切っても切り離せないものになっているのです。
UberEatsもそうですが、新しいビジネスにはそれを支える革新的なITも必要なのです。
そうなると、エンジニアな知識は武器になります。

夢のようなシステムを提案するようなことはない、コンサルタントにエンジニアだったからこそなれるのです。戦略コンサルだろうとITスキルは必要。つまり今のあなたの普通のスキルが、武器になるのです

③あなたは「真似できる」が、
まわりは「真似できない」

エンジニアリングな知識って、本を読んだだけ、少しワークショップで手を動かしただけではな身につかないと思いませんか?

実際に現場だったり、実際の開発で、悩んで、エラーだして、ときには発狂しながら答えにたどり着いて、プログラムを完成させていくような経験。それが「肌感覚」だし、それが新しいITやシステムを考えるときに非常に役立つのです。
でも、ビジネススキルって、社会人している限りは肌感覚もあるしけっこう身につくのです。利用者・消費者としてもビジネスに参加しているので絶対にビジネススキルは身に着けることができるのです。

つまり、あなたはコンサルスキルは身に着けられるけど、コンサルだけしてきた人ではぜったいにITスキルは身に着けられない。こんなスーパーアドバンテージがエンジニアやSIからコンサルにジョブチェンジすると持てるのです。

④ITスキルとコンサルスキル
の類似性という現実

コーディングの作業は、仕様ややりたいことをプログラムという言語で表現できるようにしていく作業でもあります。

条件に分けて、さらに最適な並びなどを考えてコーディングしていくのだと思います。そして試して、またプログラムを修正していくような過程はコンサルワークでも十分に役に立つのです。

実はそのスキルはどこにでも応用が効いて、クライアントがやりたいことを、理解し分解していくスキルだったりはコンサルスキルそのものだと思います。

構造化スキル、ロジカルシンキング、仮説思考はエンジニアリングのスキルをベースにわりと簡単に身に着けることができるので非常に有利かと思います。、
ーーーーー

エンジニアも素晴らしい仕事だと思いますが、
今の年収やまわりと比べて武器がないって思うヒトはコンサルに思い切ってジョブチェンジしてみるのもありですね!

※僕がしていること(僕の会社)のことなら情報を伝えられるので興味があるかたは
twitterアカウントにDMください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする