【3分でわかる】ポモドーロ・テクニック【作業効率】

今日は【作業効率アップ】【時間管理術】の「ポモドーロ・テクニック」を紹介していきます。有名どころではありますが強力なテクニックなので、未知な方はぜひ。

ポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロ・テクニックとは、時間管理術のひとつ。 1980年代にイタリア人のフランチェスコ・シリロによって考案されたテクニックです。

短めの作業と短い休憩を繰り返す。
具体的には「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、
4ポモドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取る。
これを繰り返す。

これだけです。たった、これだけですが、集中力が段違いにあがり、結果的に効率がとても上がるといったものです。人間の集中力の継続時間の仕組みをうまく利用したテクニックと言えると思います。

ポモドーロ・テクニックを実行するうえで大切なポイントは以下となります。

1.時間管理を徹底する(約25分とかにしないでしっかり測る)
2.タスクをリスト化しておく(何をするかで悩まないように)
3.休憩時間のルール化(頭を使わないようにすることが大事。LINE返信とかはしないようにする)
4.「やらないこと」のリスト化(作業中・休憩中を問わず、「やらないこと」を決めて、リスト化しておくといい、テレビを見るとか)

最後に私が使っているアプリを紹介します。

以下のForcusというアプリです。興味ある方はぜひ!

https://apps.apple.com/jp/app/focus-%E4%BB%95%E4%BA%8B%E5%8A%B9%E7%8E%87%E5%8C%96%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC/id975017240

まとめ

ポモドーロ・テクニック

短めの作業と短い休憩を繰り返す。
具体的には「25分の作業+5分の休憩」を1ポモドーロとし、
4ポモドーロ(2時間)ごとに30分間の休憩を取る。
これを繰り返す。

推薦図書
詳細は以下1