【3分でわかる】購買行動モデル「SIPS」【マーケティング】

本日はAIDMAやAISASでおなじみの購買心理プロセスにおいて、ソーシャルメディアに特化した「SIPS」について紹介していきます。

SIPSとは?

ソーシャルメディアに特化した購買モデル。

S:Sympathize(共感する)

SIPSでは「共感」をスタートします。今の時代は広告を出すだけでは売れないことがあります。まずは消費者に「共感」を得ることが大事です。

I:Identify(確認する)

共感を得たあとは、消費者は発信元企業の商品(サービス)等を確認します。ここでどんな商品なのかを詳細を消費者は知ることになります。

P:Participate(参加する)

SIPSモデルでは必ずも「買ってもらう」ことをゴールにおいていません。まずは商品を取り囲む輪に参加してもらうことが大事です。

S:Share&Spread(共有・拡散する)

買ってもらえなくても、「いいね!」だったり「リツイート」だったりで知人などにシェアしてもらったりすること、共有・拡散していってもらいます。こうすると結局、購買にもつんがっていきます。

まとめ

SIPSとは

S:Sympathize(共感する)
I:Identify(確認する)
P:Participate(参加する)
S:Share&Spread(共有・拡散する)

推薦図書
SNSマーケティングは今の時代の必須スキル。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする