【3分でわかる】ロンダの悟り【現役コンサルの仕事術】

今日はコンサルタントの名著「コンサルタントの秘密―技術アドバイスの人間学」に記載されいている、【変化】に対しての考え方をまとめた「ロンダの悟り」を紹介します。

ロンダの悟りとは

変化に対する考え方を3つの悟りとして紹介しています。

ロンダの悟り第一番

それは危機のように見えるかもしれないが、実は幻想の終わりにすぎない。

変化が起きたときは、それは人によってリスクつまりは危機と感じるかもしれない。
でも、それは「幻想」の終わりであると認識することも可能。

ロンダの悟り第二番

変化が避け得ないものであるとき、人は自分がもっとも高い価値を置いているもののために、もっとも強くもがく。

変換が起こったときにこそ、自分が何に価値を置いているのかがわかる。
自分のことを真に知る、チャンスでる。
また、これはクライアントにも言えることであり、クライアント内に変化が起こったときに何に対してもがくのかそれがヒントになると考えられる。

ロンダの悟り第三番

変化を食い止めたり和らげたりしようとして幻想を作り出すと、
変化はますます起こりやすく、また受け入れにくくなるものだ。

変化は受け入れないとますます変化が起こり、さらにそれは受け入れのが難しくなる。
変化が起きたらすぐに受け入れるのがいい。

まとめ

ロンダの悟りとは

①変化は「始まり」
②変化は「気づきのきっかけ」
③変化は「すぐに受け入れるべき」

推薦図書
詳細について興味あるかたは以下の書籍を!