【3分でわかる】コンサルタントの困難法則【現役コンサルの仕事術】

今日は「コンサルタントの困難法則」という法則の紹介です。

これはコンサル界隈での名書「コンサルタントの秘密 」に紹介されていた法則です。
この法則は法則というより「コンサルタントとしての心構え」ですね

コンサルタントの困難法則とは

もったいぶらずに結論を書いてしまうと、この法則は以下のようにコンサルタントの仕事について書いています。

失敗を容認できない人は、コンサルタントとしては成功できない。

コンサルタントという仕事は、いつも成功するわけではないです。むしろ、トライ&エラーで少しずつ改善していくしかない職業でもあります。仮説をたてて、コンサルする。仮説がまちがっていたら、次の仮説をたてててまたコンサルする。つまりは僕は以下のようなことだって思います。

仮説が一発で正解するなんてことはレアケースだって思ったほうがいい

コンサルタントの仕事はある意味で、宝探しみたいなものなのかもしれません。失敗も容認し、失敗も成功への過程と考えて取り組んでいくことが大切ですね。

これが僕なりの「コンサルタントの困難法則」の解釈です。

まとめ

コンサルタントの困難法則

失敗を容認できない人は、コンサルタントとしては成功できない

仮説が一発で正解するなんてことはレアケースだって思ったほうがいい

推薦図書
コンサルタントの高度困難法則、最高度困難法則もあります。興味あるかたは以下の書籍を!