【3分でわかる】プレゼン資料がグッとよくなる2つのポイント【現役コンサルの仕事術】

知識や発想がいかに素晴らしいものでもそれをアウトプットとして出せなければ、
もったないです。

そしてアウトプットにするためにコンサルタントはよくパワーポイントを使います。
提案資料や、議論のためのディスカッションペーパー、それらをパワーポイントを使って作ります。いわゆるプレゼン資料です。

今回は、プレゼン資料作りにすぐに効果がでる2つのポイントを記載します。
この2つ守るだけでグっとよくなります。

ザレゼン資料がグッとよくなる2つのポイント

①目次から作る

まずはプレゼン資料の目的をもとに何を伝えたいのか考えます。
そこから目次を考えます。これが一番大事な作業ってぐらい大事です。

目次といっても「1.はじめに 2.課題 3.結論」といった構成を示す目次ではなく、
内容がわかるような目次を考えます。
1.前回の打合せからの残課題の振り返り(認識合わせ)
2.最重要リスク対応としての〇〇チームとの協業(提案)
3.売上増大に向けた施策案(討議)

このとき、できれば各目次レベルにその章はなにをしたいのか?報告なのか、討議したいのか、提案したいのかも区別すると
よりスライドの構成がスリムかつわかりやすくなるはずです。

②1ページ(スライド)で1メッセージ(1つの言いたいこと)

提案や討議のスライドは特に守りたいのがこのポイント。
1スライド1メッセージを伝えることに特化したほうが絶対に相手に刺さります。

具体的にどうするかというと、スライドに図とか何かいれて作成する前に
スライド上部のメッセージ(いわゆるリード文)に2行ぐらいで言いたいことを書きましょう。

スライドタイトルとリード文、これだけでもこのスライドのメッセージが伝えられることが重要です。

まとめ

プレゼン資料がグッとよくなる2つのポイントとは

①目次から作る

②1スライド1メッセージ

推薦図書
プレゼンがうまくなる一冊。