【3分でわかる】メッセージを良くする4つのKISS【現役コンサルの仕事術】

メッセージを良くするためにKISSの法則があります。しかも4つぐらいあります。これは米国海軍において言われた、経験的な原理・原則の略語からきている法則です。

本記事では、そんなKISSの法則の4パターンを紹介します。

KISSの法則とは?

メッセージを伝える際のポイントをまとめた英文の頭文字。

1つめのKISS:Keep It Short, Stupid

1つめの意味は短く、サルでもわかるようにです。簡潔であり、内容が難しすぎないことが大切ですね。
ダメな例:「Twitter伸ばしたければ、返報性の原理を利用しろ」
良い例:「Twitter伸ばしたければ、たくさんの人にリプしろ」

2つめのKISS:Keep It Short and Simple

短く、単純に。シンプルであることは重要ですね。
ダメな例:「Twitter伸ばしたければ、たくさんの人のツイートをみて、そのツイートにリプをしてい」
良い例:「Twitter伸ばしたければ、たくさんの人にリプしろ」

3つめのKISS:Keep It Simple and Straightforward.

3つ目は単刀直入に。遠まわしな表現などではなくストレートに伝えましょう。
ダメな例:「Twitter伸ばしたければ、まずはたくさんの人をリストにいれて、それでたくさんの人のツイートをみて、それぞれのツイートの内容を簡単に把握してからリプライボタンを教えて返信内容を書くといい」
良い例:「Twitter伸ばしたければ、たくさんの人にリプしろ」

4つめのKISS:Keep It Small and Simple.

小さく簡単に。

ダメな例:「最高の動画をつけたナウでヤングな最高のホームページ」
良い例:「阿部寛さんのホームページ

まとめ

4つのKISSの法則とは

1つめのKISS:Keep It Short, Stupid(短く、サルでもわかるように)
2つめのKISS:Keep It Short and Simple(短く、単純に)
3つめのKISS:Keep It Simple and Straightforward(単刀直入に)
4つめのKISS:Keep It Small and Simple(小さく、簡単に)

推薦図書
メッセージの使い方をプレゼンを例に学べます。
frame>