【3分でわかる】人が無能になる理由、ピーターの法則【現役コンサルの仕事術】

優秀だったあの人が出世したり、独立したとたん無能になってしまう経験ありませんか?

そのよくある事実をまとめた本記事で紹介するピーターの法則です。

ピーターの法則とは?

ピーターの法則とは組織構成員の労働に関する社会学の法則であり、

能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する

といった法則です。つまりは、人は自分の能力の限界になってしまうまではよりレベルの高いところまで出世していきます。一読すると良さそうに思えるかもしれませんが、逆を言うとこの法則は以下のことを示しています。

優秀な人でも、昇進し続けるうちに能力の限界に達し、いつしか無能になる

何かの仕事で成果を上げた人でも、昇進先の地位でその能力が有効とは限りません。どんなに優秀な人でも、昇進を続けるといつしかその人の能力の限界点に達してしまい、自己成長が止まって無能な管理職になってしまうというのです。

個人としてこのピーターの法則を避けるのに必要なのは結局は以下です。

自分の限界を理解し、限界を超えるような段階にはいかないこと。必要あれば、その場にとどまり活躍しながら、自分の限界を広げるように努力していくことが重要。

まとめ

ピーターの法則とは?

・能力主義の階層社会では、人間は能力の極限まで出世する
・優秀な人でも、昇進し続けるうちに能力の限界に達し、いつしか無能になる

・自分の限界を理解し、限界を超えるような段階にはいかないこと。必要あれば、その場にとどまり活躍しながら、自分の限界を広げるように努力していくことが重要。

推薦図書
ピーターの法則の詳細は以下で。