【3分でわかる】リーダーマインド【現役コンサルの仕事術】

リーダーという役割と関わることが多くの人にあると思います。リーダーをする人もいれば、リーダーのもとで働くことも。

この記事では『リーダーが持っているといいマインド』を紹介します、リーダーの人もリーダーの下で働く人もお互い理解していおくとより良いでしょう。。

リーダーマインドとは?

①リーダー≠管理者

リーダーと管理者は違います。管理者はメンバーの進捗や品質を管理します。リーダーは管理するのではなく、メンバーがどこに向かって進めばいいのか導く人であり、またメンバーが何か課題があって止まっていたら導くために助ける人でもあります。その違いをまずはリーダー、メンバーともに理解しておくと良いでしょう。

②リーダー、管理者、プレイヤーの時間を使い分ける

リーダーがリーダー業務のみに集中できるのはまれです。管理者やときにはプレイヤーとしても動く必要があるでしょう。でも大切なのはそれぞれの時間を意識して使い分けることです。同時には実行するのでは各役割の時間を使い分けましょう。

③先に起こることを見る(頭の中でプロジェクトを動かす)

目の前の作業や課題にだけ注目するのではなく、リーダーは先に起こるこを見て予測するようにしましょう。皆より一歩前の視線を持ち、先手先手で進めてくことがリーダーとしては必要です。

④異常系・リスクに頭をまわす

リーダーはうまくいっていることや、順調に進んでいることではなく、問題になっている箇所やこれから問題になるかもしれないリスクに常に頭を働かせましょう。③と同じで未来をみて、仕事をするのが重要です。

まとめ

リーダーマインドとは?

①リーダー≠管理者
②リーダー、管理者、プレイヤーの時間を使い分ける
③先に起こることを見る(頭の中でプロジェクトを動かす)
④異常系・リスクに頭をまわす

推薦図書
リーダーを初めてする人向けオススメの1冊。