【3分でわかる】正しいリサーチの進め方【現役コンサルの仕事術】

Googleがあれば色々なことを調べられる時代です。皆が調べること(=リサーチ)ができる時代だからこそ『リサーチ力』が大事です。

この記事はリサーチ力を高めるための「正しいリサーチの進め方」を紹介します。

リサーチの進め方

やみくもに調べるのは効率が悪いです。リサーチには進め方があります。

1.調査すべき内容を正確に理解する

まずは、何を言うための調査なのかをしっかりと考えます。(メッセージは何か?)。そして、取得すべき情報には何があるのか?も考えます。(上司の指示したものに限られないかも…?)。まずは探しにいくものをきちんとイメージしましょう。

2.仮説を構築する

調査すべき内容がわかったら、今度はどこにその情報がありそうか、そしてどんな情報がありそうか自分なりの仮説をたててみましょう。探しにいく場所をまずはイメージしましょう。

3.仮説を検証する(調査)

ここで実際に調査をはじめます。そして、その調査結果をみて、仮説と比較して検証します。その検証をした結果をみて、さらに仮説を考え直して良いものにしていき、再度、調査をします。この2と3を繰り返すことよって見つかる情報の精度がどんどん上がっていきます。

4.アウトプットとして整理

調査したらアウトプットすることが大事です。どのようなフォーマットで整理するか、
メッセージを伝えるべく、どんなイメージで整理するのがいいのか整理していきましょう。僕のおすすめの整理フォーマットはベタでが5W1Hです。

まとめ

リサーチの進め方

1.調査すべき内容を正確に理解する
2.仮説を構築する
3.仮説を検証する(調査)
4.アウトプットとして整理

推薦図書
リサーチ力を高める本。外資コンサルの技を盗みましょう。