【3分でわかる】ツイートにも使えるOMFアプローチ【現役コンサルの仕事術】

例えば忙しい相手にプレゼンをする時、順序立てて説明していませんか?OFMアプローチを使えば相手の興味をグッと引き寄せ伝えたいことが伝わります。
正攻法で伝えていくのも間違いではないですが、今日はある意味で裏技の気持ちはひきつけるためのOMFアプローチを紹介します。

この記事は気持ちを引き付ける伝え方のテクニック、OMFアプローチを紹介します。

OMFアプローチとは?

OMFアプローチとは、Objection→Merit→Functionの順番に伝えていくことです。では、それぞれが何のかみていきましょう。

Objection(異議申し立て)

相手の身を乗り出させる。興味を抱かせる。
例:守りのツイートをしていませんか?これからは攻めのツイートの時代です!

Merit(効果)

最も知りたいであろう効果を知らせる。
例:攻めのツイートをすることによって、エンゲージが2倍になる効果がでます!(例です)

Function(機能)

相手の興味を十分に引き付けた上で、どうやるかの細かい説明をしていく。
例:攻めのツイートとは・・・・としていきます。

まとめ

OMFアプローチ

Objection(異議申し立て)
Merit(効果)
Function(機能)

推薦図書
伝え方の色々なテクニックを知っておくことはすごい武器になりますね。