メモ:DX(デジタルトランスフォーメーション)

【定義】DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

デジタルトランスフォーメーション(Digital transformation; DX)とは、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念である。2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる 。ビジネス用語としては定義・解釈が多義的ではあるものの、おおむね「企業がテクノロジーを利用して事業の業績や対象範囲を根底から変化させる」という意味合いで用いられる。[1]

DXを進めるときに考えなくはならないデジタルは「ヒト」の業務を補助するものではなく、デジタルそれ自体がメインとなってまったく新しいビジネスモデルや組織体制、業務オペレーションまで構築できていしまえるものです。ここに大きな違いがある。
ビジネスや社会システムにおいても破壊的イノベーションを起こすこことこそDXです。[2]

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること[3]

DX推進のためのメモ
・デジタルには「高速・高品質・低コスト」という特性があります。
・DXには「デザイン思考」が欠かせない。最適で快適な顧客体験をもたらすための「全体最適」をつくる設計を行うことがデザイン思考の本質。
→全体最適は「足す(+)」だけではなく「引く(-)」することも大事
・十字フレームワークの分析モデルを式っぽくしてみた

引用元
[1]Wikipedia デジタルトランスフォーメーション
[2] デジタルトランスフォーメーション 成功の条件(藤井秀樹)

[3]経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドラン)」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする