ワークフロー化の優先順位〔1枚スライドまとめ〕


ワークフロー化の案件が最近はまた増えてきた気がします。
RPAのブームをきっかけに自動化・簡略化そしてデジタル化の流れ進んできました。

しかし、むやみやたらにワークフロー化をしても失敗してしまいます。
ではどのようにワークフロー化の対象を選ぶのか。

まずは難易度が優しいものから実現し、少しずつレベルをあげていくことが肝要です。

Step-1(難易度:易)
Ad-Hocな業務
・稟議承認
・レビュー
・書類回覧 等
Step-2(難易度:中)
Administrativeな業務
・会計/経理
・購入申請
・費用報告
Collaborativeな業務
・ソフトウェア開発
・製品開発
・技術文章作成
Step-3(難易度:難)
Production
・生産管理
・保険請求
・ローン開設

これがすべてではないし、ここまでキレイに業務をわけることが難しいかもしれません。
それでも業務全体を見渡して、戦略を立てて、ワークフロー化をしていくのが大切です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする