RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を知ったかするためのポイント

RPAに調べたメモを残しておきます。


RPAとは

  • ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation, RPA)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。
  • RPAは、画面上のアプリケーション、システム画面を識別し、人間と同じように操作を行うことができるようなソフトウェア(ソフトウェアロボット)によって実現されている。ソフトウェアロボットは伝統的なプログラム言語で構築されるわけではなく、事前に設定された実行手順に従って動作する。
  • RPAが目指すのは伝統的なIT部門スタッフ向けのプログラミングベースの自動化ではなく、ITナレッジの少ない業務部門スタッフ向けの直観的な操作で構築可能な自動化である。
  • RPAのメリット

    ①コストメリット(人件費>RPA導入費・維持費)
    ②生産性向上
    ③品質向上(ミスゼロに、等)

    RPAのRPAの段階と主な適用領域

    Class1 : 定型作業の自動化(ほんとのルーチン)
    Class2 : 一部非定型作業の自動化(多少の例外もディープラーニングで対応)
    Class3 : 高度な自動化(ビックデータとAIをつかって、プロセス自身も改善していく自動化)

    RPA導入時のポイント

    (1)まずは効果を実感する
    ごく単純なデータ入力処理などに適用して導入効果を実感し、少しずつ適用範囲を広める
    (2)すべてを任せられるとは思わない
    ソフトロボが扱えるのはあくまで単純作業。例外処理や最終判断は人間が責任を持つ
    (3)事前準備を念入りに
    非効率な業務をそのまま自動化しても効果は薄い。業務を可視化し、適宜、見直すなど準備には時間を割く
    (4)「野良ロボット」の増加を防ぐ
    ロボットの作成権限の集中、導入済みロボットの管理、稼働監視などで野放図な増加を防ぐ
    (5)IT、現場、経営企画が連携
    IT、業務担当の現場、業務改革を担う経営企画の3部門が連携する

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする