TOEIC 800点越えするアタックプラン(文法問題編)


224です。
社会人になる直前に会社の指示で受けたTOEICの点数は480点ぐらいでした。(正確な点数まだ覚えてない)

そこから850点を超えるまでに成長しました。

その勉強方法について、誰かの参考になればと思いまとめておきます。
当記事は「文法編」です。

———————————————————-

僕の中で文法問題は次の2つが大事だと考えています(異論は認めます笑)
(1)文法のルール(パターン)を知っているとかどうか
(2)単語

なので戦略は簡単で、ルールを知って使いこなせるまで反復し、単語をひたすら暗記すること。
で、僕はどうやったかというと、
「問題集をときながら、知らない単語がでてきたらまとめて、ルールもまとめて、問題を繰り返し解いていった、とくに間違えたやつ」
です。
すげー当たり前のことを書いているけど、このままです。
単語用の参考書を買うのではなく、文法問題の中でわからなかった単語をひたすらまとめて
単語帳を作って覚えていきます。それとは別に文法のルールもまとめてルール帳もできていきます。

勉強時間30分程度とすると以下のような流れで勉強しました。
(1)単語帳の復習
(2)ルール帳の復習
(3)昨日、間違えた問題のときなおし
(4)新しい問題を解いていく

これをひたすら実施しました。当然、毎日、繰り返していくと(1)や(2)の量は増えるのですが
それでも繰り返し進めました。

——————

あと(3)ってどうやるのって聞かれるかもしれませんが、問題集の間違えた問題に記号とかつけておいて復習しやすようにしています。

——————

あ、で、問題集はどうするんだって思うかもしれませんが、少なくても僕には以下のアプリでオールオッケーでした。
ぜひ、お試しください!そしてTOEICの英語点数縛りとかそんなことに気にしなくていい世界へいきましょう。

https://itunes.apple.com/jp/app/toeic-テスト文法640問1/id443324720?mt=8

https://itunes.apple.com/jp/app/toeic-テスト文法640問2/id600619036?mt=8

このアプリの良いところは間違えたところを徹底的に復習できるところです。
ではでは、一人でも文法に苦しむ人が減れば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする