ぺろりん先生の大飛躍を見ていて感じたこと[でんぱ組]


でんぱ組は、アイドル戦国時代の中で、見事といっていい感じで飛び抜けた存在だった。
でも去年、最上もがさんの脱退を受けて、長い間続いていた6人体制が終わってしまった。

そして、そんなでんぱ組に新メンバーとして加入したのが ぺろりん先生 と ねもちゃん。
https://natalie.mu/music/news/263520

僕はぺろりん先生のことは2014年ぐらいから知っていた。
当時は(失礼な言い方だけど)たくさんいる地下アイドルの一人ぐらいの認識だった。
ただ顔がタイプだから印象に残っていたし、フライヤーをもらうときに話したりした。

そう、フライヤー配りをよく頑張っていたなって印象でした、
特に新木場スタジオコーストで開催されるようなアイドルがたくさんでるイベントとかでは特に。

そして、ぺろりんは今度はチェキの落書きクオリティーで名前が聞こえてくるようになる。
※チェキとはアイドル物販の定番で、その場で取れるインスタントカメラのツーショット写真にアイドル自身が落書きしてくれやつ。
その落書きのクオリティーが宿題チェキ(持ち帰って落書きする)だけではなく、その場で書くものもクオリティーが高かった。
これはもちろんイラストの才能もあったんだとおもうけど、どちらかとういうとひたすらきちんと時間をかけていたことが
評判が高かった理由だと思いました。地道に、一つ一つ手を抜かず全力で。
(最近になって、当時の落書きチェキを自慢するツイートが増えたのはやはりクオィリティーが高いからだと思います)

努力を続け、今度はぺろりんのイラスタがツイッターでバズります。そしてイラスト屋さんとしてまずは世間に広く知られるようになります。
これもまたぺろりんが地道に努力した結果。ライブして告知するだけではなく、どうやったらバズるか考えてやっていたように思います。
これもまた膨大な時間かけてるし、ひたすら努力だなって思いました。

その後、ぺろりんが所属していたアイドルグループの運営が問題あったりで、ライブもできなくなりツイッター更新すら止まります。
でも復活します。きちんとした運営もつき、徐々に風向きがよくなっていきます。

そして、次にぺろりんは「彼女とデートなうって使っていいよ」で、またツイッターでバズります。イラストに続いてのこういうヒットをできるのは運だけではなく、きちんと考え抜いて、きちんと努力をした結果だと思いました。

そして、今のでんぱ組加入につながります。

僕はでんぱ組.incでは、ぺろりんを推そうと思います。ストーリーがあるし、なによりぺろりんの努力はすごく信頼できる。

そして、何より「努力は裏切らない」「継続は力なり」を実践している人だって思う。
そして、いかに考えて努力することが大事かを教えてくれる。ああ、つまり、ほんとの先生なんだな、ぺろりんは、僕にとって。

卵色のサイリウム、ふるぞー。

でんぱ組.ink 公式サイト
http://dempagumi.tokyo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする